-化粧水

2009年11月アーカイブ

化粧水とは

| コメント(0) | トラックバック(0)

化粧水とは、女性のデリケートなお肌を守り、うるおいを与える基礎化粧品です。女性の肌は、もともとが男性に比べて白くてやわらかいのですが、毎日のメイクによって負担がかかり、さらにデリケートになっています。

化粧水は主に洗顔後の肌に使用されたり、日焼け後のケアに使用されたりしています。これに美白効果をプラスした美白化粧水が世間でブームを呼んでいるようです。

美白化粧品と言うからには肌を白くする効果(日焼けなどによる黒ずみや黄ずみを改善する)ももちろんありますが、特に気になるシミに対しての効果が期待できるようです。

まだシミができていない方、そろそろシミが気になりだした方、強い紫外線を浴びて日焼けしてしまった方などには美白化粧水を使った毎日のケアがお勧めです。

 

 レーシックで視力回復  視力回復手術  バレンタインチョコレートの贈り方

様々な化粧水がありますが、含まれているものには共通点があります。エタノールやDPG(ジプロビレングリコール)、グリセリンやBG(ブチレングリコール)などがその成分となります。ここにヒアルロン酸などの高分子、界面活性剤、エキス類や、増粘剤を配合して作ります。

閉塞性の膜を作るヒアルロン酸やコラーゲンなどは、肌に潤いを与えるために化粧品には欠かせない成分といえるでしょう。空気中の水気を肌に引き寄せ、皮膚の乾燥を防ぐ役割をもっています。ホホバオイルやオリーブなどのオイル類を乳化させたものも保湿効果に優れています。

これらは肌に膜を作り、肌からの水分蒸発を防いでみずみずしさを保つ効果を持っています。アミノ酸マルチトールやグリセリンなどの糖類も化粧品には重要な役割を担っています。グリセリンは保湿効果に優れ手に入りやすいので、手作り化粧水にもよく使われます。

そこで、水分が蒸発しないよう保ちます。低成分子の成分は肌に浸透する性質がありますが、これらはグリセリンやヘダインなどが相当します。肌の奥に浸透せず、表面で膜を作ってみずみずしさを保つ成分も、化粧水の中には含まれています。化粧品はこの2種類で構成されています。

 

 即戦力 中高年の再就職  手湿疹の悩み  手湿疹の症状

化粧水の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

化粧水には大きく分けて4つの種類があります。まず、一般化粧水です。洗顔後の利用が主で、肌荒れや肌の乾燥を防ぐことを目的として使われています。成分の8割が水で、1割のアルコール成分と保湿のためのグリセリン、乳化剤や香料を配合して作ります。

敏感肌対応のノンアルコールの化粧水もあります。アルカリ性化粧品は数は多くありませんが、存在はしています。化粧品はほとんどが中性もしくは弱酸性ですが、アルカリ性の化粧水もないわけではありません。

アルコールやにアルコールに水酸化カリウムなどが配合されて作られており、あかぎれやヒビなどに効果がある化粧水です。長期間の使用によっては肌に負担がかかり皮膚が薄くなることがあるので注意が必要です。

収斂化粧水は酸性の化粧水で、収斂剤の作用によって肌理を整える効果があります。収斂作用によって毛穴を引き締める効果があり、脂性肌の人に適した化粧水といえます。最後に拭き取り化粧水です。別名、フレッシュナーや除去化粧水とも呼ばれます。薄化粧落としに使うこともできますし、使用後のコールドクリームなどを落とす働きもあります。肌を洗顔する目的で使える、非常に手軽で使いやすい化粧品です。

 

 夜間頻尿の原因と予防  入学式のスーツ選び  厳しい中高年の再就職
カテゴリー
更新履歴
化粧水とは(2009年11月14日)
化粧水の成分について(2009年11月14日)
化粧水の種類(2009年11月14日)
カテゴリー
更新履歴
化粧水とは(2009年11月14日)
化粧水の成分について(2009年11月14日)
化粧水の種類(2009年11月14日)