Top > 化粧水の成分について

化粧水の成分について

様々な化粧水がありますが、含まれているものには共通点があります。エタノールやDPG(ジプロビレングリコール)、グリセリンやBG(ブチレングリコール)などがその成分となります。ここにヒアルロン酸などの高分子、界面活性剤、エキス類や、増粘剤を配合して作ります。

閉塞性の膜を作るヒアルロン酸やコラーゲンなどは、肌に潤いを与えるために化粧品には欠かせない成分といえるでしょう。空気中の水気を肌に引き寄せ、皮膚の乾燥を防ぐ役割をもっています。ホホバオイルやオリーブなどのオイル類を乳化させたものも保湿効果に優れています。

これらは肌に膜を作り、肌からの水分蒸発を防いでみずみずしさを保つ効果を持っています。アミノ酸マルチトールやグリセリンなどの糖類も化粧品には重要な役割を担っています。グリセリンは保湿効果に優れ手に入りやすいので、手作り化粧水にもよく使われます。

そこで、水分が蒸発しないよう保ちます。低成分子の成分は肌に浸透する性質がありますが、これらはグリセリンやヘダインなどが相当します。肌の奥に浸透せず、表面で膜を作ってみずみずしさを保つ成分も、化粧水の中には含まれています。化粧品はこの2種類で構成されています。

 

 即戦力 中高年の再就職  手湿疹の悩み  手湿疹の症状
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
化粧水とは(2009年11月14日)
化粧水の成分について(2009年11月14日)
化粧水の種類(2009年11月14日)