Top > 化粧水の種類

化粧水の種類

化粧水には大きく分けて4つの種類があります。まず、一般化粧水です。洗顔後の利用が主で、肌荒れや肌の乾燥を防ぐことを目的として使われています。成分の8割が水で、1割のアルコール成分と保湿のためのグリセリン、乳化剤や香料を配合して作ります。

敏感肌対応のノンアルコールの化粧水もあります。アルカリ性化粧品は数は多くありませんが、存在はしています。化粧品はほとんどが中性もしくは弱酸性ですが、アルカリ性の化粧水もないわけではありません。

アルコールやにアルコールに水酸化カリウムなどが配合されて作られており、あかぎれやヒビなどに効果がある化粧水です。長期間の使用によっては肌に負担がかかり皮膚が薄くなることがあるので注意が必要です。

収斂化粧水は酸性の化粧水で、収斂剤の作用によって肌理を整える効果があります。収斂作用によって毛穴を引き締める効果があり、脂性肌の人に適した化粧水といえます。最後に拭き取り化粧水です。別名、フレッシュナーや除去化粧水とも呼ばれます。薄化粧落としに使うこともできますし、使用後のコールドクリームなどを落とす働きもあります。肌を洗顔する目的で使える、非常に手軽で使いやすい化粧品です。

 

 夜間頻尿の原因と予防  入学式のスーツ選び  厳しい中高年の再就職
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
化粧水とは(2009年11月14日)
化粧水の成分について(2009年11月14日)
化粧水の種類(2009年11月14日)